美容整形で鼻の曲がりを治した後に気をつけたいことは、自分の鼻に大きな負担が掛からないように気をつけることです。治療をするまでは鼻のことについて意識をするのは、鼻の見た目のことばかりです。普通に鼻をかんだり、かゆみを感じて軽く鼻をこすることはありますが、治療をしたあとは気をつける必要があります。特に鼻の治療方法で骨への手術をした時には、鼻をかむ行為はしばらく控えます。今まで思い切り鼻をかんでいた習慣のある人は、特に鼻を強くかまないことを、ダウンタイムには自分に言い聞かせる必要があります。自分で無意識に強く、自分の鼻をこすらないように気をつけましょう。強い負担は治療をした鼻パーツには負担になりやすいこと、鼻水は雑菌も多いことを理解することです。

しばらくは強く鼻をかまないこと

美容整形で鼻の曲がりを治した後に気をつけたいこととして、当分の間は強く鼻をかまないようにします。特に鼻の骨への手術を行った時などは、手術後の7日間は完全にこうした行為は控えなければなりません。鼻を今までみたいに思い切りかんでしまうことで、手術をした傷口には大きい負担を与えてしまうためです。傷口は切開をして縫い合わせているため、術後は回復の為に時間を必要とします。傷口に大きい負担がかかること、雑菌の多い鼻水の影響を与えてはなりません。鼻の美容整形をしたとで、落ち着いてくるのは、およそ1ヶ月後程の時間が必要になります。7日を過ぎてからは鼻をかむ行為は、とても弱い力で気をつけながらすること、油断はしないことです。強い力を鼻には与えないためにも、こすることも控えめにします。

内出血やギプスはマスクでカバーを

美容整形で鼻の曲がりを治した後に気をつけたいこと、内出血が出ることや、手術でのギプスへの対処には、マスクを使うことです。無理に手術後にメイクをするのは負担になるので気をつけて、マスクを使ってのカバーの方が自然です。鼻の手術を行うと鼻用の小さなギプスを使用しますが、顔の真ん中だけに小さなギプスも目立ちます。マスクを普通にするとギプスの先端が見えますが、大きめのマスクを着用すること、マスクの上を引っ張ることで鼻のギプスは見えなくなります。注入系での治療の時に、内出血が生じた場合も、大きめのマスクで顔を隠すことで、日常生活は問題なく過ごすことができます。注入での治療をした時であれば、コンシーラーやファンデーションなどのメイクでカバーする方法もあります。