鼻は顔の印象に大きく影響を与えるものですので、できるだけ綺麗な状態に整っているのが望ましいといえます。元々綺麗な鼻筋に整っていれば良いですが、生まれつきであったり、激しい運動で骨折したりすると、鼻が曲がってしまうことも珍しくありません。鼻の曲がりに対しては治療方法が存在しますから、あまりにも気になるなら利用してみると良いでしょう。治療とは別のやり方として、自分で矯正してしまうやり方も存在します。こちらの方法も合わせて解説していきますので、参考にしてください。曲がった鼻が整えば、美しい顔立ちとして周りに評価されやすくなります。自信がつきますので、人前に出ることを恐れなくなったり、開放的な気分で生活を送れるようになるなど、嬉しい効果が期待できます。

自分で矯正する方法とその効果の持続性

最初に自分で矯正することによる、鼻の曲がりのケアを見ていきましょう。骨自体を動かすというよりは、周囲の筋肉をマッサージして、形を整えるやり方になります。人差し指と中指を頬にあてて、鼻の頭に向かって軽くマッサージするように擦ります。次に鼻の頭部分を軽く持って、左右に1回ずつ小さく回します。最後に鼻を左右から両手の指で挟み込むように固定して、おおよそ1分間その状態を続けて完了です。1回行っただけではあまり実感できなかったり、すぐに元の位置に戻ってしまいますので、定期的に継続することが大切です。絶対に強い力を加えないようにしましょう。鼻の周囲には軟骨が集まっていますから、強く圧迫すると折れてしまう危険があるからです。余計に曲がってしまうのを避けるためにも、弱い力で丁寧に行ってください。

美容整形なら高度な治療効果を得られる

自分で行う方法はあくまでも簡易的なケアですので、はっきりとした効果を得たいなら、美容整形の高度な技術に頼るのが一番です。鼻の曲がりを治療することを、斜鼻修正と呼びます。手術して治す方法と、ヒアルロン酸を注入する方法があります。手術ではメスを使って鼻の内部の骨を切って整えますから、はっきりとした修正効果が期待できます。鼻の穴からメスを入れますので、傷跡が目立たないのがメリットです。手術時間は30~60分程度です。入院をする必要がなく、術後にはギプスをつけますが、1周間程度で取り外すことが可能です。ヒアルロン酸は一時的に綺麗に整える効果があります。曲がったところの凹んだ部分に注入して、形を整えます。注射器で注入しますが、次第に体内に吸収されて元に戻るのが特徴です。